TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神打線を0に抑えるは容易く

<<   作成日時 : 2013/09/05 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月5日 横浜

DeNA1−0阪神

・相手が勝ちに来ているという、ガチ勝負。これに弱いのが阪神だ。
 相手がどこであれ、阪神が勝った例がない。CSしかり、日本シリーズしかり、
 シリーズ中のヤマバとか、天王山とか決戦とかなると
 100パー負けるチーム、それが阪神タイガースだ。

 今日はまさしくそんな試合ではなかったか。
 CSがかかってなかったらDeNAはあっさり負けてくれたけど
 勝手が違った。阪神も負けられない1戦だったのに。
 19度目の完封負け、サヨナラ負けのオマケまでついた。

 解説の佐々木氏が説いていたように阪神打線は雑と言うか本当に
 大雑把だ。素人目にも点が入る気がしない。
 エンドランや、バントなどで時に細かな攻撃が出来ない。
 ただ、打つのみで打席に入るでは相手投手は楽だ。

 ホームランを狙える打者もいないので点が入らない時は
 永遠にと思うぐらい0行進が続く。

 メッセンジャーの熱投が空しい。
 鳥谷を4番に据えた音無の布陣が完封負け数積み重ねを加速する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神打線を0に抑えるは容易く TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる