TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS CS1st第二戦〜CSの弱さ、鮮明

<<   作成日時 : 2013/10/13 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

10月13日 甲子園

阪神4−7広島

・やっぱり地元甲子園で、結局一つも勝てなかったCS。

 日本シリーズや天王山などの大一番に弱い虎が、
 クライマックスシリーズ採用により、余計に目立つようになってきた。

 シーズン終盤の弱さとともに、これまで放任してきた
 タイガースの数々の課題を改善する姿勢を球団は持っているのだろうか。
 

 シーズン終了時に書く事はいつも以上に大差ない。
 来年も同じ事を書くのだろうか。

 今まで通りだと、
 来年はBクラス(5位ぐらい)だろう。

 最後に魅せたヒーヤンの本塁打
 それで誤魔化して欲しくはないが、
 最後まで試合観戦した甲斐はあった。
 落日の薄明るいダイヤモンドを回るその雄姿を
  しっかり目に焼き付けた。

 桧山進次郎、ありがとう・・・。 

 ああ、総括を語るのも口惜しい。 
 
西岡や福留ら大型補強しても

 何も変わっていない、これまでどおりの弱い虎

 と言わざるおえない。

 CSで出番のなかった能見も然りだ。
 重要な試合で投げ勝つ投手と信頼されるに至らなかったのだ。

 
 勝つ事がファンに対しての最大の報い。

 それから遠くなるにつれ、阪神離れ、ファン離れが
 来季は加速。。。しない、か。

 暖かい阪神ファンが勝てない虎の一因だとしても、
 きっと甲子園のあの7回裏風船飛ばしは盛り上がるだろう・・・

   

 
 
 
 
 

  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
yuuさん、こんにちは!
土曜日の夜に帰ってきました。
結局CSは見てないけど、予想通りになってしまいましたね。
こんな予想ははずれた方が良いのだけれど・・
シーズン後半、タイガースのどんな勝ち試合にも喜ぶことのできないyuuさんの記事が、私はちょっと切なかったです。

阪神は情けなかったけど、広島は元気ですね。
長くBクラスにあえいでいたけど、生え抜きの良い選手をたくさん輩出してきたチームですもの。敵ながら、“ようやった!”と言いたいですよ。
きっと巨人は阪神とやるより広島との方が嫌でしょうね。

ケベックシティのホテルで、たまたまつけたテレビが野球放映していました。何気なく見たらレッドソックスの上原浩治が、なんとホームランを打たれたところでした。
すべて、山あり谷あり。
だから面白い!とも言えますね。

来シーズンのタイガース、たぶんyuuさんの予想どおりでしょう。ならば、そこを基準として敗戦の中にも光るものがあれば、伝えてください。

おつかれさまでした。


プチ・ミニ
2013/10/14 17:07
プチ・ミニさん、お帰りなさいませ。
先のコメが最後だと思っていましたので、
大変嬉しいです(*^^*)一晩、敗戦のショックを癒してくれる暖かいコメントを噛みしめる思いから間を置いてみました。当ブログ記事が斯くも切なくさせていたと知り少し反省もしております。
何分気分に任せて記す傾向にありましたね。
ただ、不思議に例年ある悔しさが今年は残らないのです。負けて爽やかとまでいきませんが・・・これが、相手が巨人や中日だったらそうはいかなかったでしょうね。
外国のホテルで大リーグTV観戦されるプチ・ミニさんが少し前まで想像できなかったです。
来年のタイガースこそ期待できますよ、と言って欲しいですが、それを口に出来ない空気を僕の方で拵えてしまいましたね。ごめんなさい。
やっぱ“勝つ”事を基準にして、光るものは
掛布氏が育ててくれるだろう若トラと言う形で
締めさせてください。磨けば・・・原石がいますから☆
今季もお付き合い下さり、ありがとうございましたm(_ _)m
yuu
2013/10/16 01:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
CS1st第二戦〜CSの弱さ、鮮明 TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる