TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 延長制した中継ぎの働きとルーキーの一振り

<<   作成日時 : 2014/05/06 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月6日 ナゴヤドーム

中日3−6阪神(延長12回)

 ・試合時間4時間47分。今シーズンリーグ最長時間。

 前半から劣勢の試合展開を9回までに追いつき
 延長12回に一気に勝ち越した。
 
 5月に入ってここまで減速ぎみなのを
 こんな試合をモノにすると、また勢いが出そうな雰囲気である。

 終盤の戦い方がシステム化されると磐石な勝ち方ができる。
 競り合いにひとつでも勝っておくと、終盤まで生きてくる。
 
 フレッシュな顔ぶれでは無いのだが、今日活躍した面々。
 特にリリーフ陣のコマが望めそうなのが、
 玉置や二神。
 何度も1軍、2軍を行ったり来たりではなく
 定着して欲しい。
 勝利投手になった高宮はオリックス時代から数えて6年ぶり?
 
 そして今日のヒーロー、決勝2ランの梅野。
 今季最も期待しているルーキーである。

 延長12回無死1塁の場面で彼にバントを命じず打たせた
 ベンチの采配は見事だ。
 中日バッテリーは意表をつかれた形になった。

 代打だけでなくスタメンでマスク、その上で時折大きなのを打てるように
 なれば、もう申し分なし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
延長制した中継ぎの働きとルーキーの一振り TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる