TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 次も楽しみな好継投

<<   作成日時 : 2014/07/31 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月30日 甲子園

阪神5−4ヤクルト


・久々に見る面白い試合だった。
二神も歳内も結果次第で今後の使われ方が変わってくる若手。

明暗が出た。
2年ぶりの先発、晴れの甲子園のマウンドを託された二神。
首脳陣の期待も受けながらも、立ち上がりからピリッとしない内容だった。

1回、あっさり2点を失うと、4回は長短打に四球も絡んで満塁にされ、相川に
タイムリーを打たれて、このイニング一死も取れずに降板となった。

これでは次の起用はマトモに同様にと言う訳にもいくまい。

2点ビハインドの無死満塁のピンチ。さらに追加点を許すと勝敗も
決まってしまうところだ。
ここで起用された歳内は、先の広島戦での好リリーフを買われてのことだったが、
続く石山、山田を三振に上田をセカンドゴロに仕留め
この日も見事な火消しを果たした。

特に山田との対戦、高校時代、夏の大会で
ここで打たれていたので、気合が入っていた、と言う。

絶対絶命のピンチに動じない、開き直りの精神以上の
強い気持ちが山田のバットに空を切らせた。

その気迫、野手にも伝わったか、その裏にヤクルトのエラーも誘い、
一気に逆転。思わぬプロ入り初勝利を手にした、歳内。

今後、彼の登板機会が増えるであろう、その活躍も楽しみだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次も楽しみな好継投 TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる