TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 監督の決断がポイントとなるゲーム

<<   作成日時 : 2015/07/30 17:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月28日 ナゴヤドーム

中日4−6阪神

・東海地方でのTV中継を楽しみにしていたが、地上波で見つける事ができなかった。
連敗中のドラは地元でも、ほんの少し注目度が下がってきているのか。
タイガース公式ホームページの方も戦評は抜けていたし。

谷繁の3018試合出場、プロ野球新記録達成には祝意を持てども、
ナゴドとて勝負は別物。
最下位相手に取りこぼしは禁物。

3回の集中打で取った6点を最後まで何とか守り逃げ切ったゲームだ。
勝負どころは6回2死満塁で安藤が粘る和田を三振に仕留めたところだろう。
岩田の球数や安藤と和田との相性、過去の対戦データなど、駆使したり、
あるいは勝負勘、はたまた賭け等に想像が及ぶが、
回の途中での投手の交代、継投策成功は監督の決断を称える。

敵地でしてやったり、の試合だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
監督の決断がポイントとなるゲーム TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる