TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 胸に刻むべき試合

<<   作成日時 : 2015/07/03 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月3日 神宮

ヤクルト10−1阪神


・またボロ負け。で、首位陥落か。
ヤクルト相手より、神宮球場の戦いにくさなど
語っていては後半戦も心もとない。
打線は、1,2番の機能しないに拘って、何か大事な反省点を見逃していまいか。
攻撃が雑でまた、以前の点が入らない状態に戻りつつある。
能見を責めても、打つ方も1点じゃな〜。。。

8回の島本がボコボコに。頬を流れるのは汗か、悔し涙か。
打たれても打たれても逃げずに真っ向勝負。
見せしめのようなマウンド、先に繋がるものがあるのなら
もう、勝負そっちのけで彼の投球を追えていけたが。
バッテリーの配球ミスとの首脳陣の指摘から梅野も含め
今日の試合、一過性に取らずに胸に刻んで欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胸に刻むべき試合 TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる