TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤川の崩れ方に一抹の不安

<<   作成日時 : 2016/04/14 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月10日 甲子園

広島8−7阪神

・ゴメスが腰痛、ヘイグが風邪とかで両外人不在、
何年かぶりの純和製オーダーだ。
6番で全く調子の上がらない鳥谷を2番に上げ
江越を3番に据えた。
金本監督の発破も加わり、打つ方はそれなりに
奮起してくれたが、
先発藤川が広島打線に捕まってしまった。
2点リードの5回、勝ちを意識したのか、限界だったのか、
一気に打ち崩された。
オープン戦を含め今季ここまでで最も悪い内容だった。
傾向として、立ち上がりに難あり、
4回以降、球威が急速に落ちてしまうこと。
投手陣の軸になって欲しい藤川に
以降の登板にやや不安を感じる敗戦だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤川の崩れ方に一抹の不安 TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる