TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム後半での勝負が課題

<<   作成日時 : 2016/04/24 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月23日 マツダスタジアム

広島3−2阪神

・前の試合の打線がウソのように沈黙。今回も好投の岩貞を援護できなかった。
投手とは因果なものよ。
前日のメッセが7失点で勝ち投手になっても、僅か1失点の岩貞に黒星がついてしまう。
黒田はウチに照準を合わせ対策してきているし、
そう簡単に点を取れる投手ではない。だが、昨年からずっとやられている感がある。
次は何等かの形で主導権を握れる試合展開に持っていきたい。

しかし、ここまでのところ大筋の流れでは後半の失点で試合を決められているようだ。
高橋、マテオ、ドリス、高宮、安藤、福原、歳内、榎田・・・。
後ろ、頭数はなる程、揃っているし、それなりに頑張ってくれているが、
芯になる投手が見つけられない、そんな気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲーム後半での勝負が課題 TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる