TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 求められる局面での勝負強さ

<<   作成日時 : 2016/05/06 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月5日 ナゴヤドーム

中日0−1阪神

・最少得点での勝利。投手戦なら、最も望む展開だ。
大和の本塁打が大きいが、ポイントは谷繁監督が相当悔しそうにしていた、
8回の大島の盗塁を阻止した場面だろう。
原口。走られる事の多いウチの捕手陣では、局面で強肩ぶりを示せるとは大したもの。
昨日も殊勲の3ラン、今日も打撃は好調ぶりを魅せてくれているし、
リード、キャッチングも申し分ない。
子供の日と言う事で少年の頃憧れていた選手を挙げると、
彼は巨人の阿部だった。
矢野コーチが惚れるだけあって、育成からの大抜擢も納得の逸材である。
阿部を上回る活躍も期待できそうな、タイガースドリームを体現する勢いも感じる。
もう、中堅クラスの大和には失礼だろうが、原口とか
伏兵的な存在が、ドラゴンズには有効だ。
ビシエド対策もできていたし。この3連戦勝ち越しは大きい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
求められる局面での勝負強さ TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる