TVの前のボックス席

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝ちが転がりこんできた感。

<<   作成日時 : 2017/04/10 02:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月9日 甲子園

 阪神4−3巨人

・先発能見は年間最高のピッチングだっだのではないか。
金本監督の評に20パーセントのせて
120パーセントの出来。
しかし、それでも勝ち投手になれなかった。どころか、
負け投手になるかも知れなかった。
彼が7回を投げ切って味方のリードのまま、マウンドを降りたのなら
次戦からも期待が持てるが。

北條の2本目の同点2ラン。
上本の勝ち越し本塁打はタナボタ的。
Gにとっては計算外だった。

試合の流れだけで見れば1−3で巨人。
7回の1イニングだけでひっくり返せる底力に畏怖。

勝てても直に喜べなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝ちが転がりこんできた感。 TVの前のボックス席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる