またまた打てずに負け!

6月24日 甲子園
 
 阪神1-3日本ハム

 交流戦最後の試合も結局打てずに負けてしまった。

 「お前ら、それでもプロかぁ!!!」
 スタンドにいればそんな罵声も浴びせたくなるタイガースの打線(野口を除く)。

 いい加減にしろ!いつまで打たない試合を続けるつもりなんだ!?

 もう毎度お馴染みの貧打線なのだがそれにしても酷いね。コメントする記事も毎度同じになってしまった。
 意地も工夫もない打線。
 昨日も書いたけれど、後半戦これではセリーグの各球団の好投手に阪神打線は格好の餌食にされそう。0封負けの記録更新も可能性大。

 低迷期を除いて近年では最低の打線。

 「一本出ていればー」と言う言葉はもう聞き飽きた。敗因のお決まりの理屈にしか聞こえない。いつも、だからこうーという次の展望が打撃コーチの話からも見えてこない。だいたい簡単に言うべき言葉ではない。チャンスに1本打つのは大変な事なのだ。相手も全力で向かってくる場面だから。

 結局勝負どころで負けている。いつも打線が、いつも同じように。。。

 せっかくの野口のバースディーアーチも、
 JFKの快刀乱麻のピッチングも空しい。ファンが見たいのはタイガースが勝つ試合。

 ジャンやシーツがやはり同じ過ちを繰り返しているのを見ると2軍でどんな調整をしたのか疑問だ。それとも外人には矯正も短期間では無理なのだろうか。
 例えば1軍登録抹消されていた期間には時間的にも余裕があった筈だ。シーツならば、自軍の投手に外角に落ちるスライダーを何度も投げてもらってその軌道を見極める練習を徹底的にするとかー。
 林の調子が急落。そこで浮上する本来の3番バッターであるシーツ。だがここまで不振に陥ってしまった。打の方では枚挙に暇が無い程で出てくる誤算の中でも大きい方だろう。

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック