分けて、がっかり。

6月7日 甲子園

阪神3-3ソフトバンク

 う~ん、今日は勝ちたかった。勝たせてもらえなかったか。
 後半から延長戦、ソフトバンクの選手の顔ぶれを見ると余計に悔しさが増幅する。
 投手の交替を見るとホントにその場しのぎだ。3-2で逃げ切りを計るのなら、その流れを
 早めに作るべき。スタンリッジを8回まで引っ張るので無く、7回から確実に西村、渡辺亮の継投だ。
 球児に2イニングまたがせるなら彼らを前倒しして起用するぐらいの覚悟は欲しい。
 渡辺亮も休養をある程度与えてあげる事でベストパフォーマンスは期待できるようになる。


 4番の新井が残念だ。打撃不振が守備にも共振してしまってはダメだとアニキに言われて
 この試合に限っては守備の方はまず、無難に守っていたが。

2番平野、3番マートンが好調なのでこの連動は生きる。しかしこの後の新井がチャンスの芽を悉く
摘み取っている。そんな感じだ。

 新井。バッティングが萎縮している。精神的なものが大きい。阪神の4番は全日本の4番より大変か。
 DHで金本が時々入る4番と言うのに気持ちも途切れがちになってしまった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック