日本シリーズ2014第3戦~防戦一方だった。

10月28日 ヤフオクドーム

ソフトバンク5-1阪神


・武田に続いて大隣にも、抑えられた。
手も足も出ない。攻撃で相手にプレッシャーをかけられないから
相手投手に余裕の投球をされている。
初回から試合の主導権を握られ、
藤浪も調子が良くないながら、良く投げてくれたが、
防戦一方だった。

武田、大隣。どちらかは次には必ず打たないと
シリーズを制する事はできない。

打線の奮起で巻き返したい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック