テーマ:プロ野球

CS1st.第三戦~今年の戦いを象徴の九回

10月12日 東京ドーム 巨人3-1阪神 ・先発能見は意外と頑張ってくれたが、6回に替わった岩田が誤算だった。 シーズン終盤、粘り強いピッチングが目立つようになり、 今日はむしろ能見より2番手の岩田に期待していたのだが。 先発で投げる感覚との違いが悪い面で出てしまったか。 それでも3失点は投手陣の責にあらず。 やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CS1st.第二戦初回の2発で流れを変えた

10月11日 東京ドーム 巨人2-4阪神 ・CS独特の緊張感は巨人のエース菅野にしても 想像以上だったろう。昨年はケガで離脱、 初めてのCS、しかも登板間隔が空いていた事もあって。 球が上ずっていた。長打に飢えていたゴメス、マートンの格好の餌食になった。 特にマートンの本塁打はGにダメージ大きかったか。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CS1st.第一戦先発布陣に来季に繋がる何かが見えたー

10月10日 東京ドーム 巨人3-2阪神(延長10回) ・シーズン最後の試合で広島がコケてくれたもんだから、 転がり込んできた今年のCS。 付録の様な感じで観戦する。 負け越しても出られるのはあり難いが、 仕切り直しで、選手達もどれだけモチベーションを保てるのか。 戦う場所も、相手も相当分の悪い試合だし。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年143回目の記事~最後までグダグダやった~

10月4日 甲子園 阪神0-6広島 ・藤浪、今日投げなかったら良かったのに。 甲子園でラストって事でファンサービスもあったのか。 大勢のファンは最後まで失意、失望しまくりだったろう。 来季の両チームの対戦カードまで影響しそうな惨敗だった。 勝率5割も切り、ここ数年でもシーズンは悪い成績で 2015年のタイガースの戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東圏に3チームは不均衡

10月2日 神宮 ヤクルト2-1阪神(延長11回) ・あ~あ、地雷踏んじまった。打線に意地のかけらも見えないもんな。 仕方ないか。重要な9月戦線を勝ち抜くためにチームを一つにまとめられなかった 和田監督の責を問う以前に彼に今季を託したオーナーの姿勢に?だ。 選手の戦犯はリーダーシップを発揮しなかった鳥谷にも及ぶが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッキー引退寂しく

9月29日 甲子園 阪神4-3DeNA ・試合の流れ的に8回表同点にされたのが気に入らなかったが、 9回裏ノーヒットでサヨナラ勝ちできたので大万々だ。 エラーとパスボール。シーズン中に滅多に見られない光景だ、 もし、優勝を争っていた時に相手が同じようなミスをしてくれたらー。 ウチも今季はミスが多かったように思う。特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨人戦最後は意地を見せたが。。。

9月28日 甲子園 阪神2-0巨人 ・今季最後の巨人戦ーであって欲しい。 ポストシーズンでは戦いたくない相手。 一応、と断っておくか。 しかし、夏にリアル観戦した思い出が蘇る甲子園。 僅か2か月前なのに、あの時の自身のお熱は今どこへやらだ。 相手も同じ巨人。だが、スタンドの応援は今日もアツかった。たぶん、あの時と変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V完全消滅でも面白い予想

9月27日 マツダ 広島5-2阪神 ・9月12日にあった審判の判定ミスの影を負っているのかも知れないが 広島戦はもうボロボロだ。昨日の前田、今日のジョンソンとやられ放題だ。 ほとんど対策もナシに今までと同じような拙攻を繰り返すのみ。 マツダスタジアムに集う一部のファンに対しても失礼極まりない不甲斐なさ。 これが、8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月失速の原因、ホンマのところ分からないのでは。

9月26日 マツダ 広島2-1阪神 ・また、マエケンにやられたか。今季ほど、弱っちい打線をさらけ出したのもないわ。 この分では次の登板予定、最終の甲子園ももうボロボロ必至だ。 なんで、ウチは9月になると勝てなくなるのだろう? その理由がハッキリしない限り、監督や選手の入れ替えぐらいでは 来季も繰り返すのでは、と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試合結果そっちのけ、で、和田監督の進退

9月25日 マツダ 広島0-3阪神 ・西岡がベンチ入りしてた。彼の復帰がもう少し早かったらーとかも タラレバ論なので、ここまでの経緯は語らない。それと分かる程の存在感がある。 もう試合観戦は今季予定なしなので記すのは全て結果、報道によるものだけだが、 写真に赤いリストバンドの選手を見つけた。 和田監督も今季限りか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wショック

9月24日 ナゴヤドーム 中日4-2阪神 ・中村GMの訃報は23日の巨人戦中継の時に知らされた。 現役の時から良く知っていたので、急逝には驚きと落胆があった。 この日は喪章をつけて臨んだのだから、是非とも勝ってほしかったのだが。 巨人戦連敗でペナント争い脱落ショックが消えず、観戦もせず、 結果からだけになるのだが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月、カンカンになるだけアホやった。。

9月23日 東京ドーム 巨人3-2阪神 ・ずっとウチのシーズンの戦い方を見ているだけあって。悲しいが、 先のブログで書いた予想もズバリ的中する。 今の貧打線ではポレタから1点取るのがやっとだろうし、 巨人との攻撃力の違いから、結局今日も押し切られた形になった。 9回表、沢村相手に同点まで持って行ったのがわずかに見せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年、勝負どころの9月に弱いの、何故?

9月22日 東京ドーム 巨人3-0阪神 ・ああ、やっぱり今年もアカンのかぁ~。 お客さん集めるのは上手いが、チームはいつまで たってもヘタレのまんまや。 9月になったら、もう恒例のファンの嘆き節。    鳥谷からの打つ方の不甲斐なさに怒ってみても、 勝ちたい気持ちが伝わって来なくても、 選手、監督、コーチが懸命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり、脱落するか。

9月21日 甲子園 阪神2-5ヤクルト ・6回の攻防で明暗分けたのだろうが、それにしてもウチの攻撃力の弱さ、 随所に見せつけられる。ヤクルトの先発杉浦からもっと点を取らねばならなかったが、 先のDeNA戦のようなスキがあり過ぎるような展開にしてしまっている。 代打陣もセッキー以外は意外性も期待できない、コマ不足。 藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連勝できるかな。

9月20日 甲子園 阪神8-1ヤクルト ・この試合落とすと、ズルズル落ちていきそうだったが、 持ちこたえたようだ。岩田の好投が打線のリズムを作ったか。 彼も良いピッチングは3,4回の登板機会に一度。それが巡ってきたようだ。 ゴメスの状態が少し上がってきているが、いつまで続くか。 21日の試合を勝たないと、また苦境に立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後退し始めたな。

9月19日 横浜 DeNA7-5阪神 ・昨日は覇気の無い打線のせいで負けたが、 今日は先発・能見の背信投球か。 鳥谷がウチの打の代表なら、能見は投の代表。 それぞれチームカラーを象徴する存在、らしくなってきたと実感。 それぞれ、やはり勝負どころ、大事なところで”真価”を発揮してくれる。 能見は何も言うこともない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打つ方に乏しい「勝つ」意識

9月18日 横浜 DeNA3-2阪神 ・今日も打線が全くダメ。選手に勝つんだっと言う意気込みを感じないので それぞれつるし上げたい。 先ずは鳥谷。肝心の打つ方で機能していないばかりか、 トップバッターとして、キャプテンとして後の選手に響くような 働きをしていない。ここへ来て当たるのが3試合に一度ぐらいでは チームは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好投手相手の試合如何に戦う

9月15日 甲子園 阪神3-0中日 ・連敗を食い止める大きな1勝。藤浪が投げる時は必勝だが、 相手は今季苦しめられている大野。2回の新井の2ランはまぐれ当たりか 大野の失投か。ゴメスの出塁がエラーによるものだから、もうけものの先制。これが終盤まで効いた。 打線を引っ張る役目の鳥谷が低空飛行をかこつけている中で 好投手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打つ方はこれで精一杯か

9月13日 甲子園 阪神0-3広島 ・何か、今日も力負けのような気がする。 マエケンの前になすすべがない。 自信を持って投げ込んで来る球、 反発する技術、力がウチに全くない。 中4日でこの先、投げて来られたら、 黒田、ジョンソンと抑えこまれて、残るカープ戦は 一つも勝てそうもない。 優勝争い、一番先に脱落し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審判の判定に・・・

9月12日 甲子園 阪神2-2広島(延長12回) ・広島にとっては痛い引き分けってゆーけど、 ウチだって勝ちたかったわ。 12安打してランナーいっぱいためた分、帰らないから。 主審の外角球の判定は投手に優しかったから、マートンとか チャンスでも迷走してた。 ジャッジと言えば、12回の田中の”本塁打”が3塁打に判定さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何や、やっぱり9月失速かいな

9月11日 甲子園 阪神0-3広島 ・今日は地上波もBSも中継もなし、スカパーもあえて見ず ラジオも聴かず結果からだけ。それで良かったみたい。 甲子園へ観戦に行かれたファン、中には秋風を感じられらた方も。 実は巨人戦の後のこのカードの重要性、 首脳陣も選手も分かっているとは思うが、、、 戦い方を見るにあまりに寂しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜敗に見えても、力負け

9月10日 甲子園 阪神4-5巨人 ・頑張って最後は1点差まで追い上げた、甲子園を沸かせた面白いゲームだった。 9回も同点の絶好機までこさえたけど、 結局は惜敗。いや、力負けか。Gとはもう戦いたくないが、残り3試合もあるのが、 今季のウチの辛いとこだ。先ず、全部負けるだろう。 当面の敵はヤクルトになるが、 その前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ち方云々はもう言わんとこ。

9月9日 甲子園 阪神4-3巨人(延長11回) ・面白い試合だった。今季1番のビッグゲームだったかも。 延長11回裏、マートンのサヨナラ打が出るまで、勝てる気がしなかったが。 藤浪のテンパッぷりやベンチの作戦迷いから、重要な1戦である事からの重圧を感じさせたし、 内容の濃い1戦となった。 終始押されっぱなしの試合展開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い取りこぼし

9月6日 ナゴヤ 中日5-0阪神 ・今日はスカパー無料視聴の日で久々観戦できると思って 予約していたのが、ナイターと勘違いしてしまった。 結果を知れば、見なくて良かったと。 完敗。ゴメスはまだダメで6回まで好投の岩崎を打線で援護できず、 完封負け。 痛い星を落としたものだ。これで2位ヤクルトとのゲーム差も0.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメスの調子が戻れば。

9月5日 ナゴヤ 中日2-8阪神 ・3回の攻撃、打線が繋がった。一挙7点。ビッグイニングは久々だ。 ゴメスのタイムリーが大きかった。明日以降打ちまくってくれるようになるか。 先発の能見もマイペースで投げる事ができただろう。 終盤失点したが、後の投手もキッチリ抑えて、ほぼ大勝に近い。 これでドラに8連勝は、優勝した19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投手の踏ん張り不可欠に

9月4日 ナゴヤ 中日0-3阪神 ・メッセが好投している時も援護できない試合が多い。 この試合も初対戦のネイラーに苦しんだ。 投手戦、貧打戦は先に点を取った方が勝てる確率が高い。 メッセがとにかく8回まで粘り強く投げて無失点に抑えてくれたので 勝つ糸口を掴めた。ネイラーから何とか得点をもぎとり後続投手から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マートン、痺れる打撃

8月3日 甲子園 阪神5-1広島 ・マートン、やる、やる。 初回の先制タイムリーとなる通算一千本安打は見逃したが 花束を受け取るマートンは気分を良くしていた。 7回から観戦して丁度良かった。 満塁の場面から走者一掃の2塁打。 福井の気合の入ったボールを見事に左中間にライナーで破った。 何だか胸のすく一打だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打つ手もなくなってきたかな。

9月2日 甲子園 阪神1-5広島 ・試合は結果からだけだが、何か前回マツダと同じやられ方みたい。 ゴメス、ドローンを飛ばしてる場合ではないぞよ。と言ってもまわりがやいのやいの 言う程に外角球ノイローゼに陥るのか。 マエケンも相変わらず打てないし、やっぱりエルには打たれるし。 まさか首脳陣も指をくわえているばっかじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試合観戦に行きはった人が気の毒や~

8月30日 甲子園 阪神8-11ヤクルト ・先発岩崎が序盤で崩れ大量失点。勝敗の興味は早々に殺がれた。 ラジオを聴いててもその先はもう要らないなどと思ったのに、 実際に試合観戦に行かれたファンやTV観戦で楽しもうと思ってた方の思いは 如何ばかりかー。 反撃も遅いし、投手陣も先発が突如崩れて試合にならない。 今シーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8回以降は力負けみたいな。

8月30日 甲子園 阪神4-8ヤクルト ・逆転負け。悔しい、と言うより惜しい。 勝って欲しかった試合。8回のメッセ、突如の崩れ方が残念。 7回まで、強力ヤクルト打線を1失点で抑えていたが、 藤井捕手の言うように、いっぱいいっぱいだったのなら、 交代時期の見極めが、ポイントになっただろう。 だが、果たしてリリーフが持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more